私がフリーランスの
ウエディングプランナーになるまで。

はじめまして。梶谷佳代です。私は、どこの式場や会社にも所属しないフリーランスでウエディングプランナーの仕事をしています。

私がこの仕事に初めて出会ったのは学生時代、アメリカに留学したときのことです。新郎新婦はもちろん、ご家族やお友達、その場にいる人すべてが笑顔になる瞬間をつくり上げる仕事に憧れを抱き、卒業後は九州の大きな式場に就職。プランナーとして働き始めました。毎日が本当に楽しくて、この仕事が大好きになりました。地元・高知に戻ることになって退職し、一時は観光企画のお仕事をしていましたが気持ちのなかにはいつもウエディングのお仕事への想いがありました。

転機となったのは私自身の結婚です。神社で挙式だけして、披露宴はしないことにしていましたが友人たちがサプライズでパーティーを準備してくれたんです。

初めて新郎新婦の立場になって体感する結婚式は本当にしあわせなものでした。これまで以上に「結婚式っていいな」と感じました。

同時に、だれかを想う気持ちがあれば ふだんウエディングに携わっていない人でも、立派な設備がない環境でも、しあわせな結婚式を叶えられることを知ることができました。

アメリカのウエディングプランナーはフリーランスが主流。 私も自分らしいカタチでお仕事ができるのではないかと思いフリーランスでウエディングプランナーをしています。

まずは、じっくりお話しましょう。

会場となる場所、会場のコーディネート、ドレス、お着物、ヘアメイク、お料理、引き出物など…あらゆる要素においておふたりのご希望を叶えるオーダーメイドのウエディングを目指しています。

また、ご家族だけでの少人数の結婚式やお写真撮影だけするフォトプラン、一生の思い出になるサプライズプロポーズなどのお手伝いもしています。

規模やプランに関わらずお打ち合わせにはたくさんの時間をいただいております。結婚式に対する想いや、ご家族のこと、お友達のこと、それ以外のことも、まずはおふたりのお話をたくさん聞かせてください。おふたりも気づいていない結婚式のカタチや想いが見えてくるはずです。

お打ち合わせでは、結婚式に関わる方ともお話していただくことがあります。私は、結婚式に関わるすべての人がおふたりのことを想い、しあわせな気持ちであってほしいと考えています。結婚式を挙げる前よりも大好きな人が増えるような ご準備の時間にしていきたいんです。

じっくりお式をつくっていきたいので一度にたくさんの方を担当することはできませんがご縁のあったおふたりと、おふたりらしい結婚式をつくっていきたいと考えています。直接お会いしたり、お電話でお話したりはもちろん、メールやスカイプでのお打ち合わせもできますので高知県内外問わず、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

梶谷 佳代

高知県香美市出身。大学進学を機に大阪へ。アメリカ留学中にウェディングプランナーという職業を知り興味を持つ。帰国後は長年の夢であったアパレル業界に就職するものの「もっと人の人生に深く関わる仕事がしたい」とウェディングプランナーへの転職を決める。九州でウェディングプランナーとして数年働き、高知へ。企画・営業の経験を生かして地元の観光協会に勤めた後、フリーランスのウェディングプランナーに転向。